労働基準法での休業手当の扱いはどのようになるのでしょうか。

ビル

最新技術と自然との調和

ある給与所得者が、勤務先から常に支払われる給与・賞与の他に、労働基準法の定めによる各種の手当を支払ってもらう場合があります。この各種手当は、その規定によって扱いが異なります。労働基準法第26条の定めによる、使用者の責に帰さねばならない事由で休業した場合の休業手当は、給与所得になります。一方、労働基準法第8章の定めによる、労働者が業務上の負傷などで休業した場合に(……続きを読む)

ダイジェスト


 

事例一覧

ほほえむ女性

休業手当

ある給与所得者が、勤務先から常に支払われる給与・賞与の他に、労働基準法の定めによる各種の手当を支払ってもらう場合があります。この各種手当は、その規定によって扱いが異なります。労働基準法第26条の定めによる(……続きを読む)

葉っぱ

一時所得

保険料の負担をした本人が満期保険金を一括して受領した場合、この所得は一時所得の扱いになります。一時所得は、その満期保険金の他に一時所得がないとすれば、もらった保険金の金額から払い込んだ保険料を引いて、さらに(……続きを読む)

ほほえむ女性

同族会社

一般的に、同族会社に所属している役員に支払われる役員給与は、給与所得に当たります。この給与所得は、1箇所から給与などをもらっていて、その給与などの収入が2千万円以下であると同時に年末調整や源泉徴収を受けていたら(……続きを読む)

髪を掻き上げる女性

財産評価

この場合は、その時効で得た土地などの財産の時価が経済的な利益となって、その時効によって得た日の含まれる年度分の一時所得として、所得税が賦課されることになります。このような場合の一時所得の額数は、以下の用になり(……続きを読む)